Z工法 快適安心素材の断熱材
搭載住宅
紅 凛 緑 楽 優

夏涼しく、冬暖かい。「無冷房・無暖房」住宅を実現する「Z工法」

Z工法について
Z工法について Z工法について

コスモホームでは快適安心素材の断熱材「セルローズファイバー」を用いています。
「セルローズファイバー」とは、天然の木質繊維のことで、新聞紙にホウ酸(ホウ酸は目薬にも使われる)を混ぜて繊維状(綿状)にしたものを断熱材として使用したもの。その中でも弊社は、世界一モノが腐りやすい日本の風土を考え、無公害、高性能、無結露のエコロジー断熱材「セルローズファイバー」を活かしたナチュラルな断熱施工技術「Z工法」を用いています。さらに、外壁部分には、遮熱性の高い「Rフォイル」を採用し、2重の断熱効果で冷暖房を大幅にカットできます。

「Z工法」とは?

1F床下と2F床下・天井・外壁・内壁(間仕切り壁)など全てが100mmの厚さになるようにセルローズファイバーを吹き込んでいく工法です。

防虫性

ホウ酸の効果により白蟻やゴキブリといった害虫が寄りつきません。

防錆性

ホウ酸の効果によりボルトなどの金物・釘・ビスがさびにくくなり、緊結・耐震効果が大です。

省エネ性

断熱性が高く住宅の光熱費におけるランニングコストがりません。

安全性

材料が新聞紙であり、少量のホウ酸(ホウ酸は目薬にも使われる)が入っているだけなので人体に安全です。

防カビ性

新聞紙を綿状にすることで、調湿作用がより拡大され、結露がほとんど無いため壁内のカビの発生を防ぎます

断熱性

セルローズファイバーは機械で隙間なく吹き込むので、断熱材として高い性能があります。

防音性

約40坪の家で2,000kgのセルローズファイバーを入れることになり、きわめて防音性が高まります。

調湿性

無駄な湿気を吸って熱を外に逃がさないため、室内を常に快適に保ってくれます。その働きは土蔵をはるかに超えます。

耐火性

バーナー等でセルローズファイバーを焼くと炭化するだけで燃え上がりません。これはホウ酸が入っているためで、有毒ガスも出ないので安心です。

耐震 耐震ボルト、鉄板や土台、防蟻対策など頑丈な家づくりを行っています。
搭載住宅
紅 凛 緑 楽

テナンビーム

弊社では通し柱と梁の接続部にテナンビームという耐震ボルトを採用しています。

木造住宅は通常、柱と柱、柱と梁の接続部に継手の工法を使用します。継手とは、支えとなる柱に型となる空洞を彫り、木と木がピッタリはまるようにする木造建築の伝統的な工法です。

木と木が重なり合うことで隙間が解消され、とても頑丈です。しかし地震のような不確定な揺れや、湿気などで木自体が弱くなった場合、一気に脆くなります。そんな継手の弱点を改善できる技術が、コスモホームで採用しているテナンビームです。

最小限の切り欠き

継手と違い、スリットとボルト穴のみという最小限の切り欠きなので、軸となる木が、木本来の強さを発揮することができます。また、ボルトを差し込んだ部分が時間の経過で緩くなることを防ぐために指定の集成材を使用しています。

錆びに強い

溶融亜鉛メッキ鋼板を素地に、リン酸亜鉛処理を施し安定した皮膜下地を作り、さらに耐食性に富む樹脂系塗料でコーティング。3層の防錆効果により長期間強度を維持します。

見た目がキレイ

高強度であることに加え、見た目もスッキリしており、他工法との組み合わせも可能です。

弊社の鉄筋はD-13。鉄筋は大開口の家も対応でき、地震に強く、鉄骨部分を残せばリフォームがし易いというメリットがあります。

 コンクリート強度とは、コンクリートが打ち込まれてから28日経過した時点で計測された強度のこと。他社の強度が180N/m㎡なのに対して、弊社は300N/m㎡。数十年と安心して暮らせる強いお家です。

 住宅の土台は、人間でいう足の部分です。弊社では足元をしっかりするために、土台にヒバの木を使用しています。ヒバの木にはヒノキチオールという成分の排出によって、腐朽菌(物を腐らせる菌)や白蟻を近寄らせない効果があります、これにより家を長持ちさせることができます。 柱には乾燥無垢杉を使用しています。※強度を高めるため、通し柱のみ指定の集成材を使用。

ホゾとは『継手』で木材を接合するとき、一方の材にあけた穴にはめこむため、他方の材の一端につくる突起のことを言います。通常のホゾは短ホゾと言い、土台までホゾが届いていない状態にあります。位置決めやズレ止め程度の役割で、V字金物などの緊結のために併用されます。土台と柱の接合等で使用されますが、短いため、長く住むにつれ、荷重で柱が沈みやすく、サッシ等が開閉しにくいなどの弊害が起きやすいです。

弊社では、『ボロンdeガード』という工法を採用しています。木材保存剤であるホウ酸を使用し、マイホームが”腐らない”・”食べられない”防腐防蟻対策です。シロアリが及ぼす被害は広範囲。気付いた時には、被害がかなり進行しているケースが多いことが特徴です。木材・紙はもちろんのこと、プラスチック・鉛・コンクリート・ケーブルなども消化はしませんが加害します。また、最近では住宅の断熱材への被害事例も数多く報告されています。

木造住宅の劣化原因、第2位に入るほど白蟻が住宅に与える影響は大きいです。小さい害虫だとあなどっていては、大切なお家が脆く弱くなってしまうかもしれません。

「ボロンdeガード」は白蟻を寄せ付けないだけではなく、耐性を持たれないので長期にわたり家を守ることが可能です‼︎

断熱・遮熱 夏涼しく冬暖かく
搭載住宅
紅 凛

屋根下地 Rフォイル

屋根下地 Rフォイルについて

弊社では、屋根下にRフォイル※を貼ることで、屋根から受ける太陽からの「輻射熱」を大幅にカットします。

 

※Rフォイルとは二層のポリエチレンエアーキャップを、特殊アルミで挟んだ7層構造の薄型遮熱シートのこと

遮熱性にも優れた壁用透湿防止シート。
外壁に貼ることで夏季の室内への熱の侵入を大幅にカットします!

優れた防水性

多層構造であるため強度がUP!止水性も向上します

優れた遮熱性

均一なアルミ層を設けることで、高い赤外線反射率を保持!

優れた耐久性

特殊保護層により、遮熱機能において高い耐久性を保持!!

熱の伝わりにくい樹脂素材を使用することで、室内の暖かさを逃さず室外の冷たい空気を室内に伝えにくくします。熱伝導率の低い樹脂と複合ガラスを組み合わせることで、一般的なアルミサッシの約3倍高い断熱効果を実現しました。

LOW Emissivity(低放射)の略。複数枚のガラスと密閉された中間層により、光の透過性を保ちつつ、断熱効果を得られます。従来の複層ガラスに比べ断熱性能が高い!

 

冬の暖房時、暖かい部屋の熱の約半分は、窓やドアの開口部を通って外に出ます。また、夏の冷房時に外から入ってくる熱も7割以上は窓やドアの開口部を通ります。

 

・・・つまり
冷暖房のムダを省き、効率よく利用するためには窓にしっかりとした対策が必要!!!ということです。

遮熱・紫外線カット

室内の明るさはそのままに夏の日差しを60%カット!また、家具の色褪せ原因である紫外線や人体に有害な影響を与える電磁波もカットします!

断熱性

複層ガラスの優れた断熱性能は室内の熱を逃げにくくし、快適な室内環境を保ちます。

省エネ

冬は暖かい熱を外に逃がさず夏は涼しさをキープするので、年間冷暖房費が大幅ダウン!